スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ファイヤー | main | インデックスシール >>

「ブロークバック・マウンテン」

映画館で映画を観るのは、去年の10月以来で実に半年ぶりくらいだったのですが、ひさびさにじっくり観る映画でした。

一緒に行った同期は3回目(2回目は私と行く前日)だったのですが、ちょっとはまるワケが分かった気がします。

簡単にくくってしまうといわゆるゲイ映画なんですが、アメリカでは去年ゴールデングローブ賞やNY批評家賞で監督賞や主演男優賞や作品賞を取ったり、ヴェネツィア国際映画祭ではグランプリを取った作品なんですよねー。
でも、保守的なアカデミー賞ではあまり賞はもらえなかったようで。

ラストで泣いているお客さんが何人かいて、でもどこが泣けるポイントだったのか分からなかったんですけど、その後に寄った喫茶店で、同期はパンフレットや原作や映画情報で得た情報を後から教えてくれ、物語の深い意味を分かった時に、ものすごく感動してしまい、その場で泣いてしまいましたたらーっ

公衆の面前で泣くなんて、思い返せば大学4年の時、ドイツでの卒業旅行の帰りに電車の中で友人の横で泣いた以来で、かなり恥ずかしかったですムニョムニョ

でも、そんだけ映画にのめりこんじゃってて、しかも主役の男性二人とも演技が本当に上手くてなぜかゲイの男の人に共感しちゃったんですよねー。

今日は、帰りに本屋に寄ってかたっぱしから映画関連の雑誌でその映画の特集を読んでしまいましたmac

最高ですーイケテル

スポンサーサイト

Comment:
2006/04/11 2:23 AM, 水色あざらし wrote:
ジェイク・ギレンホールって人が出てる映画で合ってます?
その映画は見てないし、この俳優さんも知らなかったんですが、ここの記事見て爆笑しました(笑)
ttp://abcdane.net/blog/archives/200603/jake_bakagazou.html
2006/04/12 12:42 AM, jojo wrote:
水色あざらしさん、

えっ爆笑・・。
どこでですかー!!

そうそう、ヒゲの濃い名前のややこしい俳優さんが出ておりました。
むしろ私はもう一方の主人公に感情移入したのですが。
多感なお年頃なんです〜
Add a comment:









Trackback:
http://jojojojo.jugem.jp/trackback/62

Sponsored Link