スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

音楽

文字通り、音楽って音を楽しむものなんですが、今日は音を苦痛に感じた日でありましたNG

大好きなピアノ兄弟の演奏を聞きにいったのですが、第1部は他の演奏者がいまして。
しばらく、波音やらが続き、白い服をきた男性演奏者が出てきて、ステージ上のイスに座り、腕組をして目を閉じ、しばらくその状態が続きました。

波の音から、花火の音やらバーンというなんかの音が聞こえ、その男性演奏者はエレキギターで演奏をし始めました。

その音はものすごく音が大きく、会場が狭いわりには野外ライブ並みの音量を出し、耳をつんざく勢いに、私の近くにいた女性は耳をふさいでいました。

私も耳をふさぎたかったのですが、ちょっとそれは失礼かな、でもこの男性演奏者、横向いたり後ろ向いたり演奏し、しかも目をつぶっていたからバレないかな、なんて思いながら聞いていました。

その後女性が出てきてモンゴルっぽい感じの歌(?)を歌い始めました。
それもそれで声は美しいのですが、明らかに会場の広さに合っておらず、それも耳をふさぎたくなりました。
(ちなみに男性演奏者はその間はイスに座り目をつぶっていた)

で、最後に男性演奏者の歌に入ったわけです。
演奏の前に、ギターを用意する男性演奏者は自分の髪の毛を気にしたり(ロン毛)、水を飲んでいたりするのが気になったのですが、なんか、すごくある意味自分の音楽に「はまって」演奏してました。

とりあえず、その男性演奏者の歌い出しはホワンホワンと言う感じで思わず笑ってしまい、けど、歌い出したら福山雅治みたいな歌い方だし、本当に、いつこの演奏は終わるんだろうという気持ちで聞いていました。

このトータル30分は本当に苦痛で(一緒に行った方ごめんなさい(笑))
音はとりあえず大きすぎるし、音楽のコンセプトがさっぱり分からないし、
この音楽は聴かせるものではなくて、そこらへんの広い大地で他人に迷惑にならないように個人的にやってくれ、という感じでした。

聞いている間は、耳が痛く、そのうち自分に合わない音楽を延々聞いていると、鼓動が早くなり、気分が悪くなり、さらにもう少し音楽が続いたら吐き気をもよおすのではないか、という不安でいっぱいになりました。
(その前に退出すればいいのですが)

訳の分からないまま、演奏者は消えていき、席の後ろの方でぱらぱらと拍手の音が聞こえたので、終わったんだなー、という安堵が私の心に広がりました。

その後、一緒に行った友人に散々文句を行って、トイレ休憩したのですが、戻ってきたら、私たちの前に座っていた夫婦がいなかったのです。

次の大好きなピアノ演奏が始まってもその夫婦は戻ってこなくて、私の予想では、その夫婦はこの男性演奏者の親で、散々私が文句を言ってたから気分を害したかな、という感じですあっかんべー

ピアノ演奏はすっごい楽しくて、もう何回も聴いている曲なんですが、兄弟二人が楽しそうに演奏する姿を見てると元気が出てくる感じで最高でしたラブラブ

しかも、夫婦がいなくなったおかげでとても見えやすく、しかもちょうどまん前に兄弟が立ってトークをしていたので、ドキドキでしたおはな

やっぱ、音楽って音を楽しむんですよ!
確認させてくれてありがとーって感じです星

今日の日記・・BBQ

今日は、会社の同期・同期の友達とBBQをしてきました!

雨が降っていたので実行が危ぶまれたのですが、なんとかやってきました。

同期のお友達(全員男・しかもコックさん)はBBQのセッティングから調理まで全てやってくれ、女性陣はサンドウィッチ作り・簡単な野菜切りをしていました。

男性7人中6人がコックさんということで、手際はいいし、食材がとにかく良かったのです!

キャビアや生ハムをパンに載せ、栃木の牛のサーロイン、牛タン、ラムチョップ、骨付きソーセージなどを焼いていただき、パンに塗るバターも全てこだわった食材で、本当に豪華なBBQでした。

その後、お台場の大江戸温泉村に行き、お風呂に入る人は入って、私は足湯だけで済ませたのですが、それから家に帰りました。

最近、初対面の人とも抵抗なく話せるようになってきたのでそれはいい進歩です猫2

香港!

行ってきました!
ほんとに暑くて、ムシムシするし、汗はダラダラ出てくるし、外で歩いているとほんとだるくなってしまうので、すぐに近くのショッピングセンターに行ったりして涼んでいました。

けど、香港のショッピングセンターやレストランはかなり冷房を効かせており、(なので街中を歩いていると、冷房の排気口?から水がしたたり落ちてくるのがしょっちゅうです・・)それはそれで寒く、ほんとに日本に帰ってからちょっと体調崩しましたよ泣き顔

香港の2日目、市内観光を終えてから、2時間半くらい自由行動があってチムサーチョイでブラブラしていたのですが、そこで気付いたのは、香港にはカッコイイ人がたくさんいる!!ってことでしたラブラブ

同期と二人で旅していたのですが、私がかっこいい人がいるって発言してから、その子も通りすがりの男の人をチェックしたり、新たな旅の楽しみを見付けました(笑)

速水もこみち似や、堂本光一似、モデル風イケメンなど、どうやら香港の若者が買い物をする所に入ったら、ゴロゴロといるものです。

日ごろ、男がいてもいないのと同じような環境で仕事をしている私たちにとっては、まさに目の保養になりましたおはな

飛行機はキャセイパシフィックで行ったのですが、帰りの飛行機の中でもいしだ一成似の男性CAがいたりと、ほんとに成田に着くまではウキウキでしたあっかんべー

もちろん、香港の夜景は豪華で、中華料理も安くておいしいものをいただいたし、ホテルが立派でのんびりできたし、いろいろといい旅ではありました☆

今の会社に入って良かった事は、好きな時期に休みが連続で取れるってことで、値段も安めで行けるし、だから、この数日間のために毎日仕事をちゃんとしないとなーって思った旅でもありました。

旅の間は同期は「肌の調子がいい」って言っていて多分、いい男がたくさんいるせい??なんて思ったりして、久々にワクワクした日々を過ごせましたかわいい

でも、まだまだ土産話があるので、会った時にお話しますぴかぴか

久々のつぶやき

私と同じ中途入社の同期が全部で12人いるんだけど、なんかめんどくさい子がいるのよパクッ

たとえば、お昼に同期とご飯を食べていて、そこにいなかった子の冗談話をしてひとしきり盛り上がった数日後、そのいなかった子から「私のことなんか言ってたでしょ??」って言われて。
つまり、その冗談は昼ごはんで終わったはずなのに、その面倒な子がわざわざ「jojoがあんなこと言ってた」
みたいなこと言ってて、そういう場で言われると冗談が本気で通じてしまったり、その面倒な子の言い方によっては私が悪口を言ったような感じにも取りかねなく、ほんとに面倒なのよー。

で、今日も似たようなことがありまして。面倒な子がもう一人いて、その子は別の月の入社なんだけど、それまた私が何気に言ったことを、わざわざ本人に言ってしまう、ことがありまして。
しかも、前回と今回が同じ対象の人ときた・・。

(つまり、対象の子が私に「こんなこと言ってたでしょー」って言ってきたから、『私→面倒な子→対象の子→私』という風に話が一巡したのです。。)

まったく、その場の話はその場だけで終わってほしいし、私の話を覚えていてわざわざ本人に報告するとは暇なやつめ、というか、一体何をしたいのか分からん!!って感じで。
だから、その子たちと話す時は、自分でも当たりさわりないつまんないなーって感じの話に終始しようと決意したのでした(笑)

愚痴に付き合っていただいてスミマセン!!
なんか、前もこんなことあったなぁあっかんべー

小学生か中学生で悩んでいたようなことを今更気にかけている今日この頃どんっ

銀行男

昨日、会社の先輩と、うちの親会社の某銀行社員と飲みました。

一応名目は、うちの先輩が業務について詳しく聞きたいってことで勉強会の意味で飲みが開かれたらしい。

けど、そもそも飲みながら勉強なんてできるわけないでしょって思っていた私は、普通の飲み会と思って参加させてもらいました。

女3vs男3という合コンぽい感じになり、第一印象は「おじさん」
しかし驚いたことに、私とタメが一人と、2コ下が二人でした。

前々から、親会社の男性はおぼっちゃまが多いとは聞いていたのですが、その会話のあまりの共感のできなさにむしろ面白ささえ覚えてきました。

2コ下の子が、銀行員のわりに派手な花柄のネクタイをしていたのに驚いて、それに触れたところ、なんでもネクタイは50本ほど持っていて、どれもブランドもの。
今回の花柄は「ドルガバ」らしい。

スーツはオーダーメードで、スーツの裏の生地を何色にするか(オレンジやら緑やら)でいつも悩むらしい。

確かに、まだ若いくせに仕立のいいスーツやかばんや靴を持っておられる・・。

若いのにカフスが男のお洒落と思っているらしい。
(今の会社もカフス率高い)

私服にもこだわっているみたいで、イタリア生地のベロアのジャケットを持っているとか。「やっぱイタリア生地はいいよな〜」って言ってた。

市場調査という名目で、女性ファッション雑誌を読み、それぞれ、「キャンキャン」「バイラ」「ウイズ」が好きって言ってた。
キャンキャン好きは『エビ売れ』って連呼してたし。

タメの人がほんとにまともで、大人しかったのですが、2コ下二人が帰国子女のため、会話のところどころに英単語を織り交ぜ、何を言ってるのか理解不能だし、ギャグのセンスもいまいち掴めないし、店員のお兄さんには『上から目線』のモノの言い方だし、ほんとこんなのばっかなのかとびっくりです。

ほんとに大人しい人か、ちょっとおかしい人がここの銀行の男性のパターンのようです。

某政治家の甥ってのがいたのですが、親戚は銀座に店を構えているとか、センスのいい美味しいお店をよく知っているとか、社会人になって日舞(しかも女形)を習っているとか。

某酒屋の息子も来ていたけど、これもボンボンらしい。

大人しいタメの人は兵庫から来ているらしいのですが、もしや実家は芦屋??って気になったのですが、それは聞きませんでした。

ギャグのセンスがいまいち掴めないと上で書きましたが、今度お教えします(笑)

うちの先輩の一人(帰国子女・英語とスペイン語が話せる)はノリノリで楽しんでいたのですが(そもそもこの先輩の主催)、もう一人の先輩はどうやらこのボンボンの話がつまらなかったらしく、早く帰りたいわ、肩は凝るわで楽しくなかったみたいです。

私も初めてだったから楽しめたものの、こんな飲み会に毎回参加していたら頭がおかしくなりそうです。

しかし、ボンボンの割にはちゃんとお金は請求してきたし。
多分男性よりは払う分が少なめだったかもしれないし、一応年下っていうのもあるけど、電車あるのに普通にタクシーで帰る金があるんだったら出してくれてもいいんじゃないかって話よ。

ちなみにタクシーで帰った男は大手町の近くに住んでいるとか。
住めるとこあるんだなぁ・・って妙に感心。
休みの日に近くにご飯食べに行こうと思っても店が空いていないらしい。
でも車持ってるらしいのよね。どこでも行けるじゃん。

飲み会の後、バカでもいいから可愛げのある男性と無性に話したくなりました。








Sponsored Link